ライフハックを極める〜未来ガジェット研究所(笑)〜

家電の格安情報や、DIYや精神学等のライフハックをどんどん紹介していきたいと思います。

【レビュー】2018 うるさら7の口コミ・評判・向いている人【まとめ】

f:id:for-future012:20180626220506p:plain

こんにちは。まさもんです。

 

最近CMでもよく見かける「うるさら(うるるとさらら)」ですが、なかなか価格が高いので購入に踏み切るのが難しい商品ですよね^^;

ですが、この価格で商品を売るにはそれなりの理由があるというのも、みなさんご存知だと思います。

 

今回は、そんな高性能エアコン「うるさら7」について、評価口コミを交えながら、どんな人に向いているのか?種類は?省エネは?といった情報を簡潔にまとめていきたいと思います。

 

 

目次

  1. うるさら7の口コミ・評判
  2. うるさら7の種類・省エネ
  3. うるさら7に向いている人はこんな人
  4. まとめ

 

1,口コミ・評判 

イイ口コミ

★★★★★ 0.5度単位での細かな調節や、無給水での室内たっぷり加湿など値段に見合った高性能で大変重宝しています。

★★★★★ お気に入りはササラ除湿と垂直気流です。除湿機能を使うと、通常室内気温が下がったように感じますが、これを使うと、そういったことがありません。冬場に除湿機能を使いたい時、とても便利な機能です。暖房時に垂直気流を使うと、足元が暖かくなるので、頭がボーッとしません。

★★★★★ 真夏に24時間点けっぱなしでも、電気代は驚愕の5,000円!自動クリーニング機能も十分に働いてくれます。

★★★★★ 冷房と除湿の効き目がすごいです。ここ何年も無駄にした気がします。はやく買っておけばよかった。

★★★★★ 13年使用した、前回のDAIKIN製品がとてもよかったのでリピート。機能重視でデザインはいまいちですが、使用中に湿度で空気が重たくなることがなくなり、さらっとしていてとても気持ちいいです。買ってよかった!

★★★★★ 少し出っ張るようなデザインになってしまったが、今までよりも若干静かになり、除菌消臭機能もバッチリなので2台目の購入ですが、買ってよかったです。

★★★★☆ リビング用に購入しました。音は他社商品に比べ大きいですが、寝室ではないので気になりません。ベッドルーム用ならば、他社の静音性に優れたものをおすすめします。室外機も大きいです。DAIKIN唯一の加湿機能があるこの機種を買ってよかったです。除湿機能もかなり強力なので梅雨時や夏場は快適です。

★★★★☆ シャープのエアコンを使っていたが、今回買い換えてよかった。声でお知らせ機能は地味に便利で、空気清浄機能のおかげで焼き肉の匂いもキレイに消してくれた。

メリット1 基本性能がしっかりしている

口コミの多くが、「室内温度の管理がとても楽になった」という点です。とても強力な送風システムで、部屋の隅までしっかり届いてくれます。

どの機種もかなり高額ですが、買った方の殆どが満足されています。

 

メリット2 省エネが素晴らしい

うるさら7はその高価な本体と裏腹に、ランニングコストがとても小さいです。口コミにもあるように、夏場に点けっぱなしにして月額5,000円というかなりの省エネぶり!

下位機種との燃費差を考えると、タフなDAIKIN製品ですので、すぐに元をとれてしまいそうです。

 

メリット3 空気清浄機能

うるさら7は「これ1台で、空調家電がすべてまかなえる」というほどの高性能で、その中でも空気清浄機能はかなり優秀です。レビューの中にもある通り、焼き肉やたこ焼きを焼いたあとなど、部屋中が臭くなっても、うるさら7の空気清浄機能により、簡単に脱臭してくれます。

これはお得ですね!

悪い口コミ

★☆☆☆☆ センサーが左側にあり、家によってはエアコンの左側に壁が来ることもある。我が家はセンサーがまともに働いてくれず、湿度も75度とムシムシして最悪だった。

悪い口コミが殆ど無い

買った方のほとんどが、うるさら7の性能に関して悪印象を持っていません。むしろ絶賛ばかりです。このことからも、うるさら7の性能の凄さが分かりますね!

 

 

2,うるさら7の種類と省エネ性能

その1,うるさらRとRXの差

f:id:for-future012:20180626205016p:plain

まず多くの人が気になるのが、うるさらのRとRXの差。これについて、僕も最初は「公式ホームページにも載ってないし、何の差なんだろう?」と気になっていました。

 

実際に電化製品店で担当のおっちゃん(失礼)に聞いてみました。

おっちゃん「販売網の違いです。量販店に下ろすための商品なのか、小規模で売るのかの違いです。性能は変わりません

とのこと!

どちらを選んでも一緒なんですね!

 

その2,本体サイズの選び方が重要

きちんとご家庭の部屋のサイズに合った購入はかなり重要になってきます。大きすぎても小さすぎても燃費性能がガクッと落ちてしまいます。ですので、ネットで安く買う場合はサイズを最重要項目と考えたほうがいいかもいしれません。

 

部屋に対してエアコンが小さい場合

  • エアコンの効きが悪くなり、部屋がいつまでたっても暖まらなかったり、冷えない
  • 常にエアコンをフルパワーで運転させなくてはならず、電気消費量が増えて家庭の電気代が増大する
  • エアコンに負荷がかかり、寿命が短くなったり故障しがちになる

部屋に対してエアコンが大きい場合

  • エアコンが効きすぎてしまい、部屋が過剰に熱くなってしまったり、冷えすぎてしまう
  • 本来使用しなくてもいい無駄な電気を使ってしまうので、本来の電気代よりも高くなってしまう
  • 冷暖房が効きすぎて冷房病などの健康被害がでる

 

個人で買う際には10種類のサイズがあります。

6畳、8畳、10畳、12畳、14畳、18畳、20畳、23畳、26畳、29畳の10種類です。

 

 

その3,電気代・省エネ

f:id:for-future012:20180626204955p:plain

電気代はこの様になっています。ほぼ畳数に比例して電気代も大きなりますが、さすがの省エネですね。12畳サイズを買って1年間使用しても3万円以下で運用可能です。

 

ちなみに同じDAIKINの最下位モデルのEモデルでは、同じ18畳でも59,000円ほどの電気代がかかってしまいます。その差は15,000円で10年間も使えば、最上位であるRシリーズと同じだけのお金を消費することになります。

 

同じ金額を払うのであれば、いいものを買ったほうがいいですよね?

3,うるさら7に向いている人はこんな人

うるさら7を販売している会社「DAIKIN」の売りはなんと言っても「大風量」。エアコンの基本性能存分に発揮できるように設計されています。

 

部屋の奥まできちんと冷房を効かせるために備わっているDAIKIN独自のサーキュレーション気流」により、わざわざ小型のサーキュレーターを購入しなくても、きちんと部屋中空気を回してくれます。

 

ただ室温を下げるだけでなく、人を感知るシステムにより、

冷たい空気が直接当たらないよう、常に風向きや風量を調節してくれます。女性やお子さんにも安心して使えますね^_^

 

もちろん暖房も完備しており、加湿機能も備わっているため、これ1台で他の大型家電の購入を考えなくて良くなるという点では、かなりコストパフォーマンスに優れています。

 

またDAIKINの商品は「非常にタフ」です。めったに壊れないそのタフっぷりに、ネット上でも話題になっています。

 

こういった点から「うるさら7に向いている人」

  • 程よくきっちり部屋の隅まで冷やして欲しい
  • 冷房特有の嫌な空気の重さをなくしたい
  • 部屋中を均一な温度にして欲しい
  • 暖房機能や加湿機能も欲しい
  • 一度買って、長く使いたい

こんな人です!

 

4,まとめ

 

買った方のほとんどが絶賛しているという、家電の中でもかなり優秀な「うるさら7」のレビューはいかがだったでしょうか?

この夏、うるさら7が欲しいとお考えの方は是非ご検討下さい!

 

メリットまとめ
  • 部屋中をきっちり冷やしたり温めたりしてくれる
  • 除湿機能、空気清浄機能がしっかりしている
  • 加湿機能でしっかり部屋中潤してくれる
  • タフなので長い期間使い続けられる
  • ほとんどの人が買ったことに満足している