ライフハックを極める〜未来ガジェット研究所(笑)〜

日々の生活をよりよくするための商品を多数紹介

しじみのチカラってすごいんです!

オルニパワーZnプラス


しじみといえば、味噌汁の具や佃煮として馴染みの深い食材ですね。

 


しじみは、シジミ科に属する小型の二枚貝で、淡水域に生息するタイプと淡水と海水が入り混じった地域に生息するタイプがあります。

 

しじみ汁を二日酔いの朝に飲むという人も多いのではないでしょうか?


しじみは古くから「二日酔いに良い」といわれ、肝臓を助ける働きがあるといわれています。

 

しじみに多く含まれる栄養成分とその働きについてご紹介します。

 

豊富なアミノ酸が肝臓の働きを助ける
しじみには、食事から摂取する必要のある9種の必須アミノ酸を含む、多くのアミノ酸が含まれています。

中でも肝臓の働きを助けるオルニチンが注目されています。

オルニチンは、アミノ酸の中でもたんぱく質にはならないタイプのアミノ酸(遊離アミノ酸)で、アンモニアの分解を促進し、肝臓の働きを助け疲労回復を促します。

 

ビタミンB12が肝臓の働きを助け、貧血も予防する
しじみに多く含まれるビタミンB12は肝臓の働きを高めます。

また、血液中の酸素を運搬するヘモグロビンの生成を助ける働きもあり、貧血の予防を促します。

 

 

鉄分が貧血を予防する
鉄分は、全身に酸素を運ぶヘモグロビンを構成する成分のひとつです。

しじみは鉄分も豊富に含んでいるため、貧血の予防にも役立ちます。

その他にも、ビタミンB2やビタミンB6、カルシウム、亜鉛など身体やお肌の健康を保つために大切な栄養素を豊富に含んでいます。

 

 

オルニパワーZnプラス