ライフハックを極める〜未来ガジェット研究所(笑)〜

日々の生活をよりよくするための商品を多数紹介

美容には黒酢!

三黒の美酢

こんばんは!今日は三黒の美酢についてのご紹介です!

 

三黒の美酢はその名の通り、黒酢もろみ、黒にんにく、黒卵黄油という「3つの黒」を主成分としています。普通の酢ではなく、黒酢。普通の白にんにくではなく、黒にんにく。このようにあえて「黒」を使っている訳は、栄養成分の高さにあります。発酵と熟成を重ねて黒くなった食品は栄養成分が凝縮され、健康効果が劇的に高まるのです。

例えば、黒にんにくに含まれる健康成分ポリフェノールは、普通のにんにくの6倍にも及びます。また、アミノ酸の一種アルギニンは4倍になり、他の必須アミノ酸も軒並み量が増えるのです。普通の食品よりも発酵と熟成の時間が必要な「3つの黒」こと黒酢・黒にんにく・黒卵黄油は、製造にコストがかかるとても高価な食材。それらを贅沢に使った三黒の美酢が、美肌・疲労回復・血流改善など様々な効果を見せるのも納得ですね。

 

それでは、三黒の美酢が誇る自慢の3つの黒成分について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 

●三黒の美酢の主成分「黒酢もろみ」

 


まずは三黒の美酢の主成分となる「黒酢もろみ」の凄さから解説しましょう。黒酢は白米から作られる一般的な酢とは異なり、玄米から作られます。長い時間をかけて発酵・熟成を重ねていることから、普通の酢よりも各種栄養素が抜群に多いことで知られています。

 

特に優秀なのがアミノ酸の量です。

 

良質なアミノ酸は身体に様々な好影響を与えます。筋肉やコラーゲンの生成を促進してハリのある肌を維持したり、肝機能を高めて疲労回復を早めたり、口コミにあったように、肝機能が高まると二日酔いにもなりにくくなるのです。何か1つが劇的に改善するというよりも、人間の身体の機能全体をじわーっと高めるようなイメージでしょうか。

 


このように身体にとって必須のアミノ酸ですが、最近は食生活の偏りによって、必要な量を摂取できていない人が増えています。全体的に身体の衰えを感じ始める30代に差し掛かった人にとって、三黒の美酢の黒酢もろみから得られる良質なアミノ酸はまさに渡りに船。食生活を大幅に変えなくても必要な栄養素が摂取でき、美肌効果・疲労回復などの効果を体感できるようになるのです。

 

 

ポリフェノールの塊「黒にんにく」

 


「黒にんにく」は、本来は白っぽい通常のにんにくを一定の温度で熟成・発酵させたものです。その過程でポリフェノールアミノ酸が大幅に増加することで知られます。

 

ポリフェノールには強力な抗酸化作用があり、血液をサラサラにして動脈硬化を防いでくれます。血液が固くなる動脈硬化は、そのまま放置して進行すると脳梗塞脳卒中心筋梗塞などを発症してしまいます。血液系の病気の大半の諸原因となる動脈硬化に対して力を発揮する、ポリフェノールが多く含まれるのが黒にんにくの特徴です。

 

 

●きわめて希少な「黒卵黄油」

 


三黒の美酢に含まれる3つの黒のうち、最後の成分が「黒卵黄油」です。
卵黄油とは、卵の黄身を土鍋に入れて長時間弱火にさらすことで抽出できる油のこと。この卵黄油をさらに長時間煮詰めて濃度を高めたものが、三黒の美酢で使われている黒卵黄油です。30個の卵黄からわずか4ccしか生成できない、大変貴重な成分なのです。
黒卵黄油にはコレステロール値を下げたり、脳の神経細胞の働きを向上させたり、細胞の老化を防ぐなど様々な効果を持ってるレシチンが多く含まれています。

 

 

●血管と脳の神経に作用する「DHAEPA

 


また、三黒の美酢に含まれている健康成分は、上で説明した3つの黒成分だけに留まりません。青魚から得られるDHAEPAを、ソフトカプセル部分に練りこんで配合しています。

 

EPAは青魚に多く含まれる成分で、血液中の脂質を減らして血流をサラサラにする効果があります。魚を多く食べる日本人の長寿を支えている健康成分の1つです。DHAコレステロール値を下げるほか、脳の神経系に作用して働きを活発にする効果を持っています。脳の集中力を高める効果があるとしてサプリメントとしてもお馴染みですね。

 

三黒の美酢はその名の通り、黒酢もろみ、黒にんにく、黒卵黄油という「3つの黒」を主成分としています。普通の酢ではなく、黒酢。普通の白にんにくではなく、黒にんにく。このようにあえて「黒」を使っている訳は、栄養成分の高さにあります。発酵と熟成を重ねて黒くなった食品は栄養成分が凝縮され、健康効果が劇的に高まるのです。

例えば、黒にんにくに含まれる健康成分ポリフェノールは、普通のにんにくの6倍にも及びます。また、アミノ酸の一種アルギニンは4倍になり、他の必須アミノ酸も軒並み量が増えるのです。普通の食品よりも発酵と熟成の時間が必要な「3つの黒」こと黒酢・黒にんにく・黒卵黄油は、製造にコストがかかるとても高価な食材。それらを贅沢に使った三黒の美酢が、美肌・疲労回復・血流改善など様々な効果を見せるのも納得ですね。

 

それでは、三黒の美酢が誇る自慢の3つの黒成分について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 

●三黒の美酢の主成分「黒酢もろみ」

 


まずは三黒の美酢の主成分となる「黒酢もろみ」の凄さから解説しましょう。黒酢は白米から作られる一般的な酢とは異なり、玄米から作られます。長い時間をかけて発酵・熟成を重ねていることから、普通の酢よりも各種栄養素が抜群に多いことで知られています。

 

特に優秀なのがアミノ酸の量です。

 

良質なアミノ酸は身体に様々な好影響を与えます。筋肉やコラーゲンの生成を促進してハリのある肌を維持したり、肝機能を高めて疲労回復を早めたり、口コミにあったように、肝機能が高まると二日酔いにもなりにくくなるのです。何か1つが劇的に改善するというよりも、人間の身体の機能全体をじわーっと高めるようなイメージでしょうか。

 


このように身体にとって必須のアミノ酸ですが、最近は食生活の偏りによって、必要な量を摂取できていない人が増えています。全体的に身体の衰えを感じ始める30代に差し掛かった人にとって、三黒の美酢の黒酢もろみから得られる良質なアミノ酸はまさに渡りに船。食生活を大幅に変えなくても必要な栄養素が摂取でき、美肌効果・疲労回復などの効果を体感できるようになるのです。

 

 

ポリフェノールの塊「黒にんにく」

 


「黒にんにく」は、本来は白っぽい通常のにんにくを一定の温度で熟成・発酵させたものです。その過程でポリフェノールアミノ酸が大幅に増加することで知られます。

 

ポリフェノールには強力な抗酸化作用があり、血液をサラサラにして動脈硬化を防いでくれます。血液が固くなる動脈硬化は、そのまま放置して進行すると脳梗塞脳卒中心筋梗塞などを発症してしまいます。血液系の病気の大半の諸原因となる動脈硬化に対して力を発揮する、ポリフェノールが多く含まれるのが黒にんにくの特徴です。

 

 

●きわめて希少な「黒卵黄油」

 


三黒の美酢に含まれる3つの黒のうち、最後の成分が「黒卵黄油」です。
卵黄油とは、卵の黄身を土鍋に入れて長時間弱火にさらすことで抽出できる油のこと。この卵黄油をさらに長時間煮詰めて濃度を高めたものが、三黒の美酢で使われている黒卵黄油です。30個の卵黄からわずか4ccしか生成できない、大変貴重な成分なのです。
黒卵黄油にはコレステロール値を下げたり、脳の神経細胞の働きを向上させたり、細胞の老化を防ぐなど様々な効果を持ってるレシチンが多く含まれています。

 

 

●血管と脳の神経に作用する「DHAEPA

 


また、三黒の美酢に含まれている健康成分は、上で説明した3つの黒成分だけに留まりません。青魚から得られるDHAEPAを、ソフトカプセル部分に練りこんで配合しています。

 

EPAは青魚に多く含まれる成分で、血液中の脂質を減らして血流をサラサラにする効果があります。魚を多く食べる日本人の長寿を支えている健康成分の1つです。DHAコレステロール値を下げるほか、脳の神経系に作用して働きを活発にする効果を持っています。脳の集中力を高める効果があるとしてサプリメントとしてもお馴染みですね。

 

 

気になる方は以下のリンクから詳細情報をゲット!

三黒の美酢