ライフハックを極める〜未来ガジェット研究所(笑)〜

日々の生活をよりよくするための商品を多数紹介

獣医師が監修したキャットフード

レガリエ キャットフード

獣医師が監修した「レガリエ キャットフード」は、ヒューマングレードでグレインフリー、国産食材を用いた無添加キャットフードというと、いかにも健康に良さそうなイメージですよね。

「レガリエ キャットフード」は、アメリカ飼料検査官協会(Association of American Feed Control Official:AAFCO)の栄養基準をオールクリアしている総合栄養食というのも魅力的です。

AAFCOの栄養基準は、日本のペットフード公正取引協議会規約でもでも採用されています。

しかし、口コミを見ていると「レガリエ キャットフード」を飼い猫が食べない、体調を崩すなどといったケースも有るようです。
配合されている成分になにか問題がないのか、気になりますよね。

「レガリエ キャットフード」は、国産食材を中心に、ヒューマングレード・グレインフリーなどが注目されますが、全ての原材料をチェックしてみましょう。

生肉(鶏肉(日本)、牛肉(オーストラリアまたはアメリカ)、金沢港の旬の魚(日本)、豚レバー(日本))、イモ類(ジャガイモ(アメリカ)、サツマイモ(日本))、ヤシ粉末(フィリピン)、ひよこ豆アメリカ)、カツオとマグロの魚粉(日本)、豚油かす(日本)、アルファルファアメリカ)、ひまわり油(日本)、リンゴ(日本)、トマト(日本)、鶏油(日本)、マグロオイル(日本)、乳清(日本)、脱脂粉乳(日本)、カルシウム粉末(日本)、アミノ酸類(タウリンメチオニン、リジン)、クランベリーアメリカ)、海藻(ノルウェー)、フラクオリゴ糖(日本)、乳酸菌(日本)、ビタミン類(B1、B2、パントテン酸、B6、B12、ナイアシン葉酸、ビタミンE、ビタミンK)、ミネラル類(亜鉛、銅)

国産を中心とした食材の産地へのこだわり、無添加、ノンオイルコーティングへのこだわりを持って、日本の室内飼いの猫を想定して作られたキャットフードです。

1.5kgの本商品に関しては、風味が落ちないように750gずつに袋が分かれているのもポイント。

 

さらにレガリエキャットフードのおもしろいポイントとしては、付属の鯛パウダーです。

フードの袋にパウダーを入れてシャカシャカふって味付けするキャットフードは初めて見たので、なかなかおもしろいなぁと感じました。

ノンオイルコーティングのキャットフードも珍しいので、気になる場合はぜひ一度試してみてくださいね。

レガリエ キャットフード