ライフハックを極める〜未来ガジェット研究所(笑)〜

日々の生活をよりよくするための商品を多数紹介

いつまでも若々しい美しさを維持したい!

キレイのプラセンタ&コラーゲン

いつまでも若々しい美しさを維持したい!これはすべての女性の望みではないでしょうか。しかし、悲しいかな、例外なく誰しもが歳をとり、容貌も衰えます。でも、時間の流れを緩やかにできるとしたら、どうでしょう。近年、美容成分として注目される「プラセンタ」は、美肌とキレイのサポーター。2000年前から愛される不老長寿の妙薬として使われてきました。そのプラセンタの効果をしっかり取り入れる方法を紹介します。

35歳はカラダの曲がり角、42歳からは下降曲線へ
早めに手を打って“若さ”をキープする
昔から漢方の世界では、“女性は7の倍数で歳をとる”といわれ、7の倍数歳は女性にとっていわゆる衰えの転換期でもあります。お肌の曲がり角は25歳ともいわれますが、本当の女性の曲がり角は7×5の35歳。お肌だけではなく、カラダの内面が衰え始めるのが、この35歳です。見た目の衰えはさることながら、基礎代謝の低下、疲労回復力の低下、胃腸機能の低下、ホルモンの低下など、全身さまざまなところで“低下”が始まります。

さらに7×6の42歳ともなれば、一気に下降曲線へ…。カラダの“低下”が加速します。一度下りはじめた下降曲線は早めに手を打たねば一気に老化ということも…。できるだけ早く、下降曲線をゆるやかなカーブに変えましょう。

“不老長寿の妙薬”と呼ばれた「プラセンタ」
歴史に裏付けされた効果とは?
アンチエイジングとはまさに、下降曲線をゆるやかにすること。漢方の世界では、この下降曲線をゆるやかにする漢方薬のことを“補腎薬”と呼びます。その代表格が、いま話題の“プラセンタ”です。

プラセンタとは、哺乳動物の胎盤のことで、胎児の生命を維持し、成長を促す大切な働きを担っています。ですから、生体に働きかける多彩な作用が期待できるのです。

でも、プラセンタが、実は“2000年前から愛用されている”ことをご存知の方は少ないのではないでしょうか。プラセンタはもともと漢方の世界では「紫河車(シカシャ)」と呼ばれ、中国の皇帝たちに珍重されてきました。作用も穏やかなことから、カラダの弱い女性やお年寄りの疲労回復や体力の増強、虚弱体質の改善、さらに不妊症の改善など昔から幅広く使われてきました。

 

そんなプラセンタを簡単に美味しく摂取できるのが

<たらみ>Fruits & Beauty PREMIUM【キレイのプラセンタ&コラーゲン】

 

これは気になりますね!

是非以下のリンクから詳細情報をゲット!

キレイのプラセンタ&コラーゲン