ライフハックを極める〜未来ガジェット研究所(笑)〜

日々の生活をよりよくするための商品を多数紹介

食後の中性脂肪の上昇を抑えましょう

PAPAFURE

 

パパフレ(PAPAFURE)は、食事の脂肪の吸収を抑えて、食後の中性脂肪の上昇を抑える機能がある機能性表示食品です。
パパフレにはターミナリアベリリカが含まれており、機能性関与成分として配合されています。

パパフレは、中性脂肪が気になる人や肥満気味な人、脂質が気になる人などに人気のサプリメントです。
「パパフレ」ですが、パパさんだけでなく、ママさんなど、男女に関係なく摂取することができます。

ということは、このパパフレを飲めば、誰でも思い通りにダイエットできる効果があるのでしょうか?

パパフレ(PAPAFURE)の特徴

まずは、パパフレの特徴をまとめました。

機能性表示食品

パパフレは健常成人を対象に、食事の脂肪の吸収を抑えて、食後の中性脂肪の上昇を抑える機能がある機能性表示食品(届出番号:D67)です。


様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)
www.fld.caa.go.jp
パパフレに配合されているターミナリアベリリカ由来没食子酸には、食事の脂肪の吸収を抑えて、食後の中性脂肪の上昇を抑える機能があることが報告されています。

日本国内のGMP認定工場にて製造
パパフレを安心して摂取できるように、国内のGMP認定工場で製造されています。

GMP認定工場では、一定レベルの品質基準を満たすための仕組み作りがされています。

パパフレ(PAPAFURE)の口コミ・評判は良い?悪い?
パパフレ PAPAFURE 口コミ 評判

次に、パパフレ利用者の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ
ターミナリアベリリカを関与成分とする機能性表示食品は、イージータブレットターミナリア以外にも5種類あります。

ターミナリアタブレット、ターミナリアタブレットT、ヨクシボン、パパフレ、シボガードの5つです。
これら5つの成分を調べてみると、なんと表示成分は全部一緒です。

臨床試験で実際に効果のあった成分をそのまんま配合するのは分かるのですが、購入者側からすると「どれを買っても一緒じゃん」ということになってしまいます。
引用元:MensLh

中性脂肪値(血液)は低すぎるほどなのですが、体脂肪が多いのが悩みで、いろいろなサプリを試しています。
こちらのサプリもやはり、中性脂肪値が高めの方向けなのかもしれません。
引用元:楽天市場

良い口コミ
産後太りが全く戻っていなくて痩せなきゃ!とは思っているのですが、食べることが大好きなので一向に体重も体型も戻りません。

せめて、体重を増やさないようにしたい!と思ったときにはぐくみプラス様の【パパフレ】を知り飲み始めました!
少し小粒なタブレットで、1日4粒を食前に飲めば良いので続けやすかったです。

食生活を変えずに一袋飲み続けましたが、体重が増えることがなかったので、間食を減らしながらパパフレを飲めば体重が減りそうだなと思いました。
引用元:コエタス

最初は外食した日だけ飲んでいたけど、おうちごはんでも栄養の偏りなどが少し気になるので…
最近では毎日…と言うか晩ごはん前には、お家でも必ず摂るようにしていますo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

飲み始めてから、まだ日が浅いので…

大きな効果は体感できていませんが、暴飲暴食続きなのにも関わらず体重増加や浮腫みは見られず。
先週血液検査をしてきたけど至って健康!
数値に異常が出ることもなく体調も至って良好。

な~んとなくではありますが、、、摂り入れるようになってから、日が浅いながらも効果を実感することができています。
引用元:SHOOP+FACTORY(シュープ・ファクトリー)@オーナーブログ

口コミ評判まとめ
パパフレの口コミは賛否両論となっています。

パパフレを飲んで満足している人がいる一方で、飲んでも痩せない、かえって太ったなどといった意見もありました。

パパフレは、あくまでも食事の脂肪の吸収を抑えて、食後の中性脂肪の上昇を抑える機能があるだけであって、すでに体内に存在する脂肪を減らす効果はありません。

パパフレで食事からの脂肪吸収を抑制することで、消費カロリーなどが多い生活をすれば痩せる場合もあるかもしれませんが、パパフレさえ飲めば、後は暴飲暴食をしても痩せるなどというのは不可能です。

また、体脂肪率が低い人が更に痩せる機能は、ターミナリアベリリカ由来没食子酸には存在しません。
肥満ではない人がパパフレをダイエットサプリ感覚で飲んでも効果が実感できないのは当然です。

パパフレ(PAPAFURE)の評価は?
パパフレ PAPAFURE 評価

口コミサイトなどでのパパフレの評価は見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

ちなみに、販売元が公開しているデータによると、購入者満足度・リピート率ともに90%以上を維持し続けています。

PAPAFURE

パパフレ(PAPAFURE)に含まれている成分を解析
パパフレで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料
還元パラチノース、ターミナリアべリリカ油出物、緑茶油出物
食品添加物
セルロース、甘味料(ステビア)、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、着色料(鉄クロロフィリンNa)、柿油出物
副作用の心配は?
パパフレ PAPAFURE 副作用

「パパフレは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

いずれかの副作用が出た場合には、摂取を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

食物アレルギー
まず気になるのが食物アレルギーではないでしょうか?

特定原材料7品目と特定原材料に準ずる20品目に当てはまるのはありません。

それ以外にも、パパフレにはアレルゲンとなる食材が含まれているかもしれません。
食物アレルギーのある人は事前にチェックしておくと安心です。

過剰摂取
パパフレの摂取量を増やしても効果が高まるわけではありません。

1日の目安量を守った上で使うようにするといいですね。

他のサプリや薬との飲み合わせ
パパフレと他のサプリメントや薬との飲み合わせで、効果が強くなりすぎたり、逆に弱まる場合があります。

例えば、ターミナリアベリリカには鉄分の吸収を阻害するはたらきがあります。
貧血の治療などのために飲むことが多い鉄分を補給する薬の効果を妨げるおそれがあります。

気になることがあれば、医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

妊娠中/授乳中に使っても大丈夫?
販売元では、以下のように注意喚起を行っています。

本品は妊娠中、授乳中の方を対象に開発された食品ではありません。かかりつけの医師にご相談ください。

パパフレ(PAPAFURE)を効果的に飲むためには?効果的な使い方は?
パパフレ PAPAFURE 飲み方 効果

パパフレは薬ではないため、飲むタイミングや量は厳密には決められていません。

機能性表示食品として提出されている臨床結果等のデータを元にすると、1日の摂取量の目安とされる4粒を1回で飲んだほうがいいでしょう。
1日何度かに分けて飲むと、十分な効果が得られるかどうかはわかりません。

なお、パパフレをダイエットサプリとして飲んでも、満足できる効果は期待できません。
機能性表示食品として届け出している機能は「中性脂肪の上昇を抑える」「脂肪の吸収を抑える」という2点のみです。

ダイエットをするのであれば、運動によるエネルギー消費と食事の見直しが必要です。
バランスよく取り組む必要があります。

パパフレ(PAPAFURE)の販売店や価格

PAPAFURE