ライフハックを極める〜未来ガジェット研究所(笑)〜

日々の生活をよりよくするための商品を多数紹介

大人のためのホワイトサプリ

ホワイトポリフェノール C

日焼け・紫外線対策、UVケアとして、日焼け止めを塗ったり、日傘や服装などで紫外線を防ぐことが一般的です。日焼け・紫外線対策、UVケアとして、日焼け止めを塗ったり、日傘や服装などで紫外線を防ぐことが一般的です。
それ以外の選択肢として注目されているのが、サプリメントを飲むという方法です。「飲む日焼け止め」などと呼ばれることもあります。
もちろん、サプリを飲んでも、素肌が紫外線反射材や紫外線吸収剤をつけたかのように、紫外線そのものを防ぐことはできません。紫外線による肌ダメージのケアを軽減したり、肌の回復力が高まるように、さまざまな栄養分を補給することが目的です。


「飲む日焼け止め」に配合されている成分といえば「ニュートロックスサン」ですが、ホワイトポリフェノールCでは一切配合していません。
ホワイトポリフェノールCでは、その代わりというべきなのか、フランス南西部にあるランド地方の海岸松樹皮から抽出されたポリフェノール「フラバンジェノール」を配合しています。
フラバンジェノールは抗酸化作用が強く、メラニン対策に注目されている成分です。ホワイトポリフェノールCは、日焼け止め対策に期待できそうですね。
目次 ホワイトポリフェノールCの特徴ホワイトポリフェノールC 特徴
まずは、ホワイトポリフェノールCの特徴をまとめました。
トリプルアプローチによるメラニンケアトリプルアプローチ
ホワイトポリフェノールCでは、メラニンケアとして、以下の3種類の成分を配合しています。
フラバンジェノールナイアシンザクロエラグ酸フラバンジェノール
フラバンジェノールは、単独でもニュートロックスサンやシダエキスと比べて紫外線ダメージに対する効果が高く、ナイアシンを加えることで相乗効果が起こります。
ナイアシン
ザクロエラグ酸は抗酸化力が強く、チロシナーゼの活性化を防ぐはたらきがあります。
メラニンケアをサポート成分を配合ホワイトポリフェノールCは、メラニンケアや美容対策に役立つサポート成分を厳選して配合しています。
L-シスチン(エイジングケア)ルテインブルーライトリコピン(抗酸化)ビタミンC(ザクロエラグ酸をサポート)ビタミンEビタミンD飲みやすい「イメージタブ」イメージタブ
錠剤やカプセルの薬は、喉に詰まりやすいから苦手ではありませんか?
ホワイトポリフェノールCは健康食品ですが、タブレットの表面が水に濡れると滑りやすくなる「イメージタブ」技術を採用しています。
滑りが良くなるため、喉に引っかかりにくくなります。
ホワイトポリフェノールCの口コミ・評判は良い?悪い?ホワイトポリフェノールC 口コミ 評判
ホワイトポリフェノールC利用者の口コミを集めました。
なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。
悪い口コミフラバンジェノールには吹き出物や肌荒れを起こしたという人たちの意見があります。引用元:オハケ
ホワイトポリフェノールCを飲んでGW中にアウトドアを楽しんでいましたが若干日焼けしてしまいました。完全には守ってくれるわけではないっぽいです。引用元:美容研究家の口コミと効果
良い口コミ開封すると、なんだか中国茶のような香りがします。つるんと飲みやすいのが続けやすくていいです。引用元:新しいものが好き!美力☆知力☆美意識向上 ~アンチエイジングとスイーツな日々~
一日3粒飲むだけでいいので、忙しい日でも気軽に太陽のケアができるんです。夏の必需品になりそう^ ^引用元:優木まおみオフィシャルブログ
口コミ評判まとめホワイトポリフェノールCを飲んで満足している人が多かった印象です。
一方、期待していたほどには防げなかった、日焼けしたから使えないといった意見もありました。ホワイトポリフェノールCに対して、塗る日焼け止めやUVケアグッズのように、完璧な紫外線防御を期待していると、失望する結果になるようです。
その他、ホワイトポリフェノールCを飲んだら体調を崩した、値段が高い、毎日飲むのが面倒などの意見がありました。
ホワイトポリフェノールCの評価は?ホワイトポリフェノールC 評価
アットコスメなど、口コミサイトなどでのホワイトポリフェノールCの評価は見つかりませんでした。今後も調査を続けてまいります。


ホワイトポリフェノールCに含まれている成分を解析ホワイトポリフェノールC 成分
ホワイトポリフェノールCで使われている全ての原材料を一覧にまとめました。
原材料麦芽糖、ザクロ抽出物、松樹皮抽出物、還元麦芽糖食品添加物ビタミンC、ナイアシン、増粘多糖類、ヒドロキシプロピルセルロースステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素、ビタミンE、L-シスチン、マリーゴールド色素、トマト色素、ビタミンD副作用の心配は?ホワイトポリフェノールC 副作用
「ホワイトポリフェノールCは医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。
いずれかの副作用が出た場合には、摂取を中止して体調の回復を優先させましょう。具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。
食物アレルギーまず気になるのが食物アレルギーではないでしょうか?
特定原材料7品目と特定原材料に準ずる20品目に当てはまるのは、大豆です。
それ以外にも、ホワイトポリフェノールCにはアレルゲンとなる食材が含まれているかもしれません。食物アレルギーのある人は事前にチェックしておくと安心です。
過剰摂取ホワイトポリフェノールCの摂取量を増やしても、効果が高まるわけではありません。むしろ、栄養のとりすぎによって生じる体調不良の可能性のほうが高くなっていきます。
1日の目安量を守った上で使うようにするといいですね。
他のサプリや薬との飲み合わせホワイトポリフェノールCと他のサプリメントや薬との飲み合わせで、効果が強くなりすぎたり、逆に弱まる場合があります。気になることがあれば、医師や薬剤師に相談するといいでしょう。
妊娠中/授乳中に使っても大丈夫?ホワイトポリフェノールCの販売元は、以下のように注意喚起を行なっています。
妊娠・授乳中の方は医師にご相談の上お召し上がりください。
ホワイトポリフェノールCを効果的に飲むためには?効果的な使い方は?ホワイトポリフェノールC 飲み方 効果
ホワイトポリフェノールCは1日3粒を目安に、毎日、飲み続けることが重要です。薬ではないため、1回で3粒飲んでもいいですし、1粒づつ3回に分けて飲んでも構いません。
なお、ホワイトポリフェノールCを飲んだだけでは紫外線を防ぐことはできないため、日焼け止めの代わりとしては使えません。あくまでも、紫外線によって受けた肌のダメージケアに役立つサプリメントです。
紫外線を絶対に浴びなくないのであれば、日差しが届かない室内にいるか、外出時はUV処理が施された衣類や日傘、帽子などを着用する必要があります。

ホワイトポリフェノール C