ライフハックを極める〜未来ガジェット研究所(笑)〜

日々の生活をよりよくするための商品を多数紹介

国産100%びわの葉使用したびわ丸

びわ丸

こんにちは今回はこちらの商品について!

古来よりびわの葉は漢方としても利用され、百薬の長として知られています。
サプリメントびわ丸は、水に抽出するお茶に比べびわ葉そのものが凝縮されているので薬効性がとても高くなります。

びわ丸に使用しているびわの葉は鹿児島県で太陽の光をたくさん浴びて育った
国産100%です。
また、十津川農場では、農薬無散布・防腐剤不使用を徹底しています。

製法にもこだわりがあり、
波動水洗浄
・天日乾燥
トルマリン石焙煎
による製法で特許を取得(製法特許第3452351号)しており、
びわの葉のもつ有用成分を豊富に引き出しています。


よく、びわの葉や種子には高濃度のアミグダリンが含まれていてこれが癌に効くとされています。
しかし、アミグダリンの危険性について触れられていることは滅多にありません。
アミグダリン自体に毒性はありませんが、加水分解されるとシアン化水素(青酸の猛毒)が発生します。

果実が成熟するにつれて消失するので成熟した果実を口径摂取しても青酸中毒に陥る心配はほとんどないのですが、
高濃度のアミグダリンが残った未成熟な果実や種子を口径摂取すると、体内で加水分解され、青酸を発生し、中毒を起こします。
また、ビタミンB17と呼ばれていた時期もありますが、
アミグダリンは生命活動に必須となる栄養素ではなく、欠乏症の症例も出ていないことからビタミンの定義から外れています。
サプリメントとして使用したために青酸中毒となり健康障害を引き起こしたり、場合によっては死に至るなどの報告があり、
アメリカでは米国食品医薬品局(FDA)によりアミグダリンの販売は禁止されています。

古来、健康作用で知られる「びわの葉」でつくられた『ねじめびわ茶』。
「足がムクムクしなくなった」
「おなかの詰まりがなくなった」
「太りにくくなった」
「診断の数値がよくなった」 などのお声が数多く寄せられています。
中には「お茶をたくさん飲めない」「外出先でも栄養をとりたい」「お茶を煮出すのが面倒」などのお声もありました。

そこで『ねじめびわ茶』の茶葉をまるごと配合して、簡単に取り入れられるようにつくられたのが『びわ丸』です! 豊富な有用成分が一粒一粒にギュッと凝縮されていて、水で抽出するお茶よりも成分をしっかり吸収できるのが特長です。『びわ丸』4粒で『ねじめびわ茶』約301mlの成分を補うことができます。

びわ丸』には、各種ミネラルやポリフェノールなどの有用成分がたっぷり! 特に塩分の排出をサポートする「カリウム」や、燃焼系ミネラルといわれる「マグネシウム」を多く含んでいます。その量は、高温焙煎していないびわの葉の煎じ茶と比べて約4倍です。

オシッコや足のムクムクに関する変化を感じる方が多いのは、豊富なカリウムを他のミネラルとバランスよく取り入れられるからだと考えられています。

びわ丸』の元になっている『ねじめびわ茶』は鹿児島県産のびわ葉だけを使用しています。このびわの葉をエネルギーの高い水に一定時間浸け込み、太陽のもとでじっくり自然乾燥。さらに遠赤外線やマイナスイオンを発するといわれるトルマリン石を使った独自の高温焙煎(特許製法)により有用成分を余すことなく引き出しています。

是非こちらからも是非チェックしてみてください!!

びわ丸