ライフハックを極める〜未来ガジェット研究所(笑)〜

家電の格安情報や、DIYや精神学等のライフハックをどんどん紹介していきたいと思います。

【レビュー】電動ふわふわとろ雪 かき氷器 KTY-18【口コミ】

f:id:for-future012:20180701115330p:plain

こんにちは。まさもんです。

 

6月末(2018年6月30日)なのにめちゃくちゃ暑いですね〜^^; 今年の梅雨は例年より22日早く終わったらしいですが、地球はどうなってしまうのでしょうか?

 

さて猛暑が続きそうな天気ですが、最近かき氷がとても人気ですね!都内では、かき氷の専門店が多く出店し、それぞれのお店の個性を出して戦っているそうですが、いかんせん地方民や節約中のご家庭では食べに行くのはもったいない気がしますね^^;

 

そこでオススメしたいのが「電動かき氷機」です。ご家庭でふわとろな台湾かき氷を作れるこの機械。去年あたりからじわじわと売れ行きを伸ばしている「ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 かき氷器 KTY-18」について今日はネット上の口コミ注意点、オススメのポイントを紹介していこうと思います!

 

 

目次

1,ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 かき氷器 KTY-18のレビューまとめ

2,ふわとろにするコツを紹介

3,オススメのポイントまとめ

4,KTY-18とDTY-17の違い

  

1,電動ふわふわとろ雪 かき氷器 KTY-18のレビュー まとめ

いい口コミ

★★★★★ 専門店で出てくるような、フワフワの氷が出てきます。その舌触りに正直驚きます。とても気に入りました。子供も大喜びです。素晴らしい機械です。この夏、大活躍すると思います。製氷カップは、追加した注文したほうが、よろしいです。

★★★★★ ミルクを凍らせてかき氷を作ったら、ふわふわなかき氷になりました。凍らせるものによっては多少ふわふわ感がないものもありましたが、普通のかき氷より全然おいしいです。

★★★★★ 今まで手動を使用してましたが、子どもの為といえど毎回面倒…ずっと電動が欲しくて、やっと購入!楽ちんです。キッチンに置いたままでも格好いいし、ふわふわとシャリシャリの食感、ハーフタイプを使えば2つの味が楽しめる。子どもが自分でやってくれるので、買って良かったです。

★★★★★ 30年前台湾で食べたかき氷が忘れられず、とうとう購入しました。ふわふわで感動!こらから暑くなる季節なので活躍しそうです。

★★★★★ かき氷屋さんのようなふわふわかき氷が出来て感動!毎日のように作っています。分解できて洗いやすいのも気に入っています。レシピもついていておいしくできます。いろいろ作りましたがどれもおいしいです。見た目もかっこいいです。

★★★★★ 今までは手動を使用していましたが削れた氷が粗いと家族に不評でした。電動は違いますね。サラサラふわふわになります。発送はそのままの箱で配送でしたが伝票のところはきちんと紙がぐるっと一周貼ってあり商品の箱自体は剥がした後もつかないようになってました。でも電化製品をそのままの箱で配送はどうなんだろうとは思いましたが商品に不備はないようなのでまぁいいかな。

★★★★★ 今期大活躍でした(^^)ご飯食べたらかき氷しよ~って週に2,3回はかき氷食べてました☆オススメはカルピス+牛乳の冷やしたやつです!コストコのミチョ+牛乳もオススメです☆

ポイント1 ふわふわなかき氷ができる

これは商品名にも入っていますし、当たり前といえば当たり前ですが、本当に専門店で出てくるようなふわふわなかき氷が仕上がります!

他の市販のかき氷機では、ここまで細かい氷の繊維を作るのは困難なので、ボタン一つで、ふわふわかき氷が食べられるのであれば、この商品はお買い得ですね!

プレゼントとしても喜ばれるようです。

ポイント2 レシピがついているので様々な味が楽しめる

f:id:for-future012:20180701115738p:plain

購入していただくと、専用のレシピが付属しているので、そのレシピ通りに作れば様々なフレーバーを気軽に美味しく味わうことができます。

レシピでは、「ゆず茶氷×緑茶氷」や「いちごピーチ氷×パイナップルヨーグルト氷」、「ブルーベリー&グレープ氷×オレンジマーマーレード氷」「マンゴー氷」などなど、他にもたくさんのフレーバーのレシピが紹介されています!

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 かき氷器 KTY-18BK

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 かき氷器 KTY-18BK

 

 

よくない口コミ

★★★☆☆ 奥さん曰く『普通のかき氷、じゃない?』と言われ、食べてみると、とてもふあふあとは、言えませんでした、、、作り方が下手なのか?最初に、氷がクルクル回って、削れないので、刃先調整しながら作ったんですが、、、この先、暑い夏が続きますのでリベンジしていきます

★★★☆☆ かき氷機の電動、はじめて購入しました。早くて便利です。カップ2つでも、分量は丁度、3人分量。食べ切りでいいです。洗いも便利。強いて言えば、氷セットの開け閉め、不安定感があります。

★★★☆☆幅が狭いので容器を選びます。幅・約12cmなので容器が小さいとこぼし捲くるし容器が大きいとかき氷が入らず後始末が大変にやります。ジャストフィットの容器だと容器を動かせず手などが汚れイライラするでしょう。容器を置く横のプラスチックが無かったら星5でしたね。

★★☆☆☆ 蓋をしてセットする時にコツと力がいる、不良品に当たったのか、毎回氷が空回りして、上手く行くまでに時間がかかる、バラ氷が使えない、以上が不満点です。特に氷の空回りはストレスで、何度か入れ替えたり氷を少し溶かしたりしてようやくかくことが出来ましたが、毎回これでは使う気がしません。以前の物が壊れたための買い替えでしたが、これは失敗だったかな〜とガッカリ。

ポイント1 ふわふわにするのにコツがいる

このかき氷機は、きちんとした設定と氷の管理をすれば、ふわふわなかき氷が作れるのですが、真面目な人ほどコツが掴みづらいというデメリットもあります。

ふわふわなかき氷をつくるコツはこのあと記載していきますので、ぜひ下にスクロールしていただければと思います!

ポイント2 不安定で氷のセットや洗浄が難しい場合がある

こういった電動のかき氷をよく使う人にとっては、よくある仕様なので、戸惑うことはあまりないかもしれませんが、初めて買った人には、氷のセットや本体の洗浄が難しと感じることがあるそうです。背が高いタイプのかき氷機ですので、すこしバランスが悪いようです。

刃の角度も自分で調整するタイプのかき氷機ですので、そういった操作が面倒に感じるひとは別の商品のほうがいいかもしれません。

 

 

2,ふわとろにするコツを紹介

レビューでも何人かの方が「思ったよりふわとろにならない」といった感想を抱いてらっしゃる方がいるのですが、意外なコツでこの問題を解決できるのです!

ふわとろに作るコツその1 氷の温度を低くしすぎない!

実は、ふわとろかき氷の専門店で使う氷の温度は、とても高いんです!

平均的なご家庭の冷凍庫の温度は約−18℃とかなりの低温に設定されています。この温度では、水の分子が固く結びついているために、薄く削ることができず、ガリガリとした食感になってしまいます。

ですが、専門店で出される氷の温度はだいたい−1℃や0℃といった、溶けるギリギリの温度で削っているのです!

 

ふわとろに作るコツその2 氷を電子レンジに入れちゃおう!

温度が高いほうがいいと言っても、そのまま放置したら適温になるのに時間がかかってしまいますよね?ただでさえ暑いのに、待つのはイヤ!(笑)

 

そんな時は電子レンジを使いましょう!

出したての氷を容器に入れたまま、専用のケース200g程度程度だと、600Wで30秒温めます!

これだけでかなり適温に近づくので、そのまま機械にいれて削り出す頃には、ちょうどいい温度になっています。

ふわとろに作るコツその3 凍らせる前に砂糖を入れよう!

先程も書きましたが、大事なのは「水の結合を緩めること」ですので、砂糖を入れて対策しましょう!

入れる量は、専用のケース200gに対して大さじ3杯か4杯程度を、お好みの量入れて下さい!これだけで全然出来上がりが違います!

ふわとろに作るコツその4 刃の角度は少しずつ!

f:id:for-future012:20180701115847p:plain

この商品の刃は、自分で調節するタイプになっています。刃の調節はネジを回すのですが、そのときのポイントは「MAXで細かくまでひねってから、徐々に粗い方向にシフトしていく」です!

この微細なコントロールが美味しいかき氷を生んでくれるので、頑張って調節しましょう!

 

3,オススメのポイントまとめ

  • ふわふわなかき氷が簡単に安く作れる!
  • たくさんのレシピがある!
  • 子供にも大人気でプレゼントとしても喜ばれる
  • デザインがオシャレ

 

ふわとろなかき氷が自宅で簡単に作れるということで、去年辺りからかなりの売れ筋商品として、楽天Amazonでもベストセラーになっています。

猛暑が続きそうな最近の天気ですが、そんな熱気をふっとばすためにも、かき氷でひんやりとした夏を過ぎしてみてはいかがでしょうか?

 

4,KTY-18とDTY-17の違い

本体の違い

本体に違いはありません。どうやら違いは本体でなく、付属の容器の差があるようです。

付属容器の違い

f:id:for-future012:20180701120135p:plain

f:id:for-future012:20180701120155p:plain

専用の製氷カップはKTY-18ではMカップを1つとハーフカップ2セットが付属されています。一方のDTY-17の方はMカップが2つ付属しているので、その差が商品名の差になっているようです。

KTY-18は2色のフレーバーを同時に楽しめる

f:id:for-future012:20180701120225p:plain

KTY-18はMサイズカップが1つ減った代わりにハーフカップが2セット追加されたことで、様々な組み合わせのかき氷を楽しめるようになりました!

いちごと牛乳やチョコレートなど、多彩な組み合わせができ、自分のオリジナルかき氷も作れそうです!

 

いかがだったでしょうか?

今年の暑い夏を乗り切るために、ふわふわなかき氷を一度試してみませんか?